カードローンの審査基準と選ぶときの注意点

説明

「手元にお金がない」「急な出費で困っている」など、生活をしていればお金が必要になるときがありますよね。

そんなときに便利なのがカードローンです。
しかし、気になるのはカードローンの審査に通るかどうかではないでしょうか。

そこで、カードローンの審査で甘いところはあるのか、審査基準や注意点について解説します。

なお、審査に通りやすいカードローンはページの最下部で紹介しています。

目次

カードローンの審査基準

お金

カードローンを利用するには、貸し出した個人に返済能力があるかどうかの審査が必ずあります。

カードローンを提供する会社側からすれば、貸したのに返してもらえないのが一番避けたい状況だからです。
審査基準は事業者ごとに独自に設定されており、一般向けに公開されているものではありません。

しかし、ある程度必要とされる条件というものは分かっています。

具体的には、年収・雇用形態・勤続年数・家族構成・子供の有無・他社からの借入総額などです。
細かいところであれば、固定電話の有無・運転免許証の有無・持ち家かどうかなども審査に影響します。

この中で一番重要なのは、年収・雇用形態・他社からの借入総額の3つです。

この3つの条件はどの会社でも必ず審査される項目であり、必須の条件になります。
なお、カードローンの利用は法律によって、年収の3分の1を超える借入はできないとされています。

したがって、年収と他社からの借入総額が希望額に見合わない場合、どこに申込みをしたとしても審査に通りません。

また、アルバイトやパート、専業主婦の申込みを受け付けていないカードローンもあるため注意しましょう。

銀行系と消費者金融系で異なる

比較する女性

カードローンは大きく分けて、銀行系と消費者金融系の2つがあります。

銀行系とは、三菱東京UFJ銀行のような銀行が提供しているカードローンです。
銀行系の特徴は金利が低く、貸出上限金額が高いという点です。

まとまった金額を低金利で借入することができるのが銀行系のメリットですが、
審査が比較的厳しく、審査から融資実行までに時間がかかるというデメリットもあります。

一方、消費者金融系とはプロミスといった消費者金融が提供しているカードローンです。

消費者金融系の特徴は審査から融資実行までが早く、審査基準が比較的緩いという点になります。
特に、即日融資のサービスを提供しているのは消費者金融系の大きな魅力です。

すぐにお金が必要という人には最適なサービスでしょう。

一方、消費者金融系のデメリットは金利が高いという点です。

具体的な金利は借入額や申込みをした個人の経済状況によって異なりますが、銀行系と比べればやはり差がでます。
消費者金融系の金利が高い理由は、審査基準が比較的緩いからです。

銀行系よりも年収・雇用形態・他社からの借入などの条件を緩くしている分、金利を高くしてリスクヘッジをしているのです。

他にも、銀行系であれば勤続年数・家族構成・子供の有無といった部分も審査に大きく影響します。
しかし、消費者金融系カードローンの中には、勤続年数・家族構成・子供の有無などの条件は審査しない会社もあるほどです。

貸し出す間口を広くする分、返してもらえない場合に備えて金利が高くなっているため、貸出金利はしっかりと確認しましょう。

審査が甘い会社ってあるの?

疑問に思う女性

結論からいえば、審査が甘い会社というのは存在しません。

カードローン会社も営利を目的としてお金を貸している以上、
返済能力が著しく低い人に対してお金を貸すことはできないからです。

したがって、最低限の審査というものがあります。特に信用情報に問題がある人は、審査に通ることはかなり厳しくなります。
信用情報とは、個人信用情報機関に記録されている過去のお金の貸し借りに関する履歴です。

クレジットカードの返済履歴や、携帯電話の月賦支払い履歴などが信用情報として記録されています。

過去にクレジットカードの支払いを延滞した履歴がある人や、
任意整理などの債務整理の履歴がある人は信用情報に問題ありと判断されるでしょう。

信用情報の審査はカードローン会社であれば、どの会社でも行う最低限の条件なので、
申込む前に自分の信用情報について確認しておくことが大切です。

カードローンを選ぶときの注意点

注意

審査基準が緩い会社を探そうとするときに注意したいのは、ヤミ金の存在です。

信用情報に問題があって、消費者金融系でも審査が厳しいという場合、ヤミ金に手を出してしまう人が少なからずいます。
言うまでもありませんが、ヤミ金には絶対に手を出してはいけません

ヤミ金には審査と呼べるものは存在せず、ほぼどんな人でもお金を借りることができます。

また、最初の1カ月・2カ月目は低金利で貸し出すような業者もいるため、一見親切なサービスに見える場合があります。
しかし、規定の期日に返済できない場合、厳しい取り立てが待っています。

審査が厳しいということは、安心して借りられるという裏返しです。

もし、信用情報や経済状況に問題がある場合、しっかりと状況を立て直した上できちんとした会社に申し込みましょう。

審査が比較的緩いカードローン

カードローン

上記で解説したように、審査が甘く誰にでも貸してくれるようなカードローンはありません。

しかし、他社と比較したときに審査基準が緩いと考えられるのは存在します。その会社とはプロミスです。
カードローン会社は株主向けに経営情報を報告するため、月次報告書という書類を各社公表しています。

この書類の中に審査通過率という項目があります。

審査通過率とは申込み数に対する審査通過者の割合であり、審査基準の厳しさを比較できる項目です。

プロミスの最近の審査通過率は45.8%と、他の消費者金融系に比べて少し高い数値を出しています。
つまり、100人申込んだうちの45人、約半数は審査に通過しているということです。

もちろん、この項目だけ一概に判断することはできませんが、一応の目安とすることはできるでしょう。

銀行系も数値を発表していますが、銀行系カードローンに通る場合、
消費者金融系の審査には問題なく通過すると考えられます。

もっとも、消費者金融系でも銀行系と同じような審査基準のところがあるため注意しましょう。

最後のまとめ

カードローンの審査に通過するかどうかは個人差が激しく、一概に審査に通りやすいかどうかを言及することはできません。

過去の信用情報や現在の経済状況、借入れ希望額などの違いによって通る場合と通らない場合があるからです。
しかし、どの会社でも審査にプラスの影響を与える要素は同じです。

審査に不安のある人は、少しでも審査に通りやすい状況を作ってから申し込みましょう。

数あるカードローンの中でも、審査に通りやすい消費者金融系の会社をピックアップしました。

  1. プロミス

    郵送物&来店なしで契約可、30日間無利息で最短1時間で融資、50万円以下なら収入証明書不要